大阪市立大学大学院創造都市研究科都市政策専攻都市共生社会研究分野

co-existing.com
修士課程 博士課程 フォーラム・シンポジウム お問合せ
予定表 教員紹介 リンク メンバー専用
 トップページ > 教員紹介 > 新ヶ江 章友(シンガエ アキトモ)准教授

新ヶ江 章友(シンガエ アキトモ)准教授

新ヶ江 章友 筑波大学大学院人文社会科学研究科現代文化・公共政策専攻修了・博士(学術)。単著として、『日本の「ゲイ」とエイズ―コミュニティ・国家・アイデンティティ』(青弓社、2013年)。講義では、地域福祉社会学と多元社会論を主に担当。現代という時代が抱える問題について、それがなぜ、どうしてそのような形態で生じているのか、それを解決するにはどのような対処法があるのかを、自分の力で考え実践する姿勢を授業では身に付けていく。今後は、科学技術と「自然」との関係について、生殖医療や家族制度などと絡めながら研究したい。


【学歴】


1996年4月 - 2000年3月 筑波大学 第二学群 比較文化学類
2000年4月 - 2001年4月 筑波大学 大学院地域研究研究科 アメリカ研究コース
2001年4月 - 2006年12月 筑波大学 大学院人文社会科学研究科 現代文化・公共政策専攻

【職歴】


2004年4月 - 2006年3月 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
2007年1月 - 2008年3月 カリフォルニア大学バークレー校人類学部 客員研究員
2007年10月 - 2008年3月 お茶の水女子大学ジェンダー研究センター PD研究員
2008年4月 - 2011年3月 財団法人エイズ予防財団 リサーチ・レジデント
2011年5月 - 2011年11月 名古屋市立大学 看護学部 特任講師
2011年12月 - 2014年3月 名古屋市立大学 男女共同参画室 プロジェクト推進員
2014年4月 - 2015年3月 名古屋市立大学 男女共同参画推進センター 特任助教

【学会及び社会における活動等】


2012年7月 - 2014年3月 名古屋市男女平等参画推進会議(イコールなごや)委員
2013年4月 - 2015年3月 半田市男女共同参画審議会 会長
  European Association for Japanese Studies、Japan Anthropology Workshop、日本国際文化学会、日本文化人類学会、日本社会学会、日本エイズ学会、日本保健医療社会学会、日本解放社会学会

【著書】


共著 2014年5月 東賢太朗・市野澤潤平・木村周平・飯田卓(編)
『リスクの人類学―不確実な世界を生きる』、世界思想社。
共著 2014年3月 椎野若菜(編)
『シングルのつなぐ縁』、人文書院。
共著 2014年2月 椎野若菜(編)
『境界を生きるシングルたち』、人文書院。
共訳 2013年7月 アイファ・オング著(加藤敦典、新ヶ江章友、高原幸子訳)
『《アジア》、例外としての新自由主義』、作品社。
単著 2013年7月 新ヶ江章友
『日本の「ゲイ」とエイズ―コミュニティ・国家・アイデンティティ』、青弓社。

【論文】


新ヶ江章友
 「シンデミックとHIV/AIDS」
  『公衆衛生』76(4): 330-332、2012。
金子典代、塩野徳史、コーナ・ジェーン、新ヶ江章友、市川誠一
 「日本人成人男性における生涯でのHIV検査受検経験と関連要因」
  『日本エイズ学会誌』14(2): 99-105、2012。
新ヶ江章友
 「男性ジェンダーとセクシュアリティを架橋する―『クィア人類学』の可能性を探る」
  『社会人類学年報』37: 183-202、2011。
Ichikawa S, Kaneko N, Koerner J, Shiono S, Shingae A, Ito T,
 “Survey investigating homosexual behaviour among adult males used to estimate the prevalence of HIV and AIDS among men who have sex with men in Japan,”
  Sexual health 8:123-124, 2011.
新ヶ江章友
 古くて新しい問題としてのスティグマ―第18回国際エイズ会議に参加して」
  『保健医療社会学論集』21(2): 116-123、2010。
新ヶ江章友、金子典代、内海眞、市川誠一
 HIV抗体検査会に参加した東海地 域在住 MSM (Men who have Sex with Men) の性自認とHIV感染リスク行動」
  『日本エイズ学会誌』11(3) :255-262、2009。
新ヶ江章友
 「HIV/エイズ研究におけるスティグマと差別概念」
  『解放社会学研究』23: 81-97 2009。
新ヶ江章友
 「HIV感染不安の身体―日本における『男性同性愛者』の主体化の批判的検討」
  『論叢現代文化・公共政策』3: 203-226、2006。
新ヶ江章友
 「MSM(Men who have Sex with Men)をめぐるHIV/AIDSの文化人類学的研究」
  『日本エイズ学会誌』8(1): 47-52、2006。
新ヶ江章友
 「日本におけるエイズの言説と『男性同性愛者』」
  『インターカルチュラル』3 100-122、2005。
SHINGAE, Akitomo
 “The Birth of Gay Magazines in Post-War Japan,”
  SHARP (Society for the History of Authorship,Reading,and Publishing) NEWS 11(2): 5-6, 2002.

▲このページのトップへ

 
共生社会研究分野