大阪市立大学大学院創造都市研究科都市政策専攻都市共生社会研究分野

co-existing.com
共生社会研究分野
修士課程 博士課程 フォーラム・シンポジウム お問合せ
予定表 教員紹介 リンク メンバー専用
 トップページ > フォーラム・シンポジウム > 詳細

大阪市立大学大学院創造都市研究科・シンポジウム

「人権としての若者支援」の課題と展望を考える
〜ちがいを豊かさに「何とかなる社会」の構築をめざして〜

日時 2011年10月29日(土)15:30〜17:30
内容 現在多くの先進国で、「若者」の教育(学校)から就労(社会)への移行
の困難が共通課題となっています。産業構造の転換とグローバル化の進展によって、先進国では労働集約的な仕事が姿を消し、「知識基盤社会」へと大きくシフトする中で、教育における競争と選別も強化されていますが、一方で、「即戦力」を求める企業も「人育て」の余裕を失い、若者の選別と社会的排除が社会問題化しています。
日本では、2009年には、「子ども・若者育成支援推進法」が成立し、また若者の生活支援、就労支援政策が、様々な形で実施されるようになっています。このような中で、改めて学校はどのような役割を果たさなくてはならないのか、学校と若者のエンパワメントの関係を考えたいと思います。
なお、このシンポジウムは、都市共生社会研究分野の入試広報の一環として実施するため、プログラム終了後、簡単な入試説明会を行わせていただきます。
講師 (立命館大学 大学院 先端総合学術研究科グローバルCOE「生存学」創成拠点・生存学研究センター・リサーチアシスタント、グローバルCOEプログラム「生存学」創生拠点院生プロジェクト「地域社会におけるマイノリティの生活/実践の動態と政策的介入の力学に関する社会学研究」代表、大阪府障がい者雇用促進センター・障がい者雇用支援員ほか)
開催場所 大阪駅前第2ビル6F 大阪市立大学文化交流センター大セミナー室
参加 無料
お問合せ info@co-existing.com

▲このページのトップへ

 

共生社会研究分野