大阪市立大学大学院創造都市研究科都市政策専攻都市共生社会研究分野

co-existing.com
共生社会研究分野
修士課程 博士課程 フォーラム・シンポジウム お問合せ
予定表 教員紹介 リンク メンバー専用
 トップページ > フォーラム・シンポジウム > 詳細

大阪市立大学大学院創造都市研究科・シンポジウム

「民族性と文化があふれるまちづくり:ロサンゼルスの小東京サービスセンターの事例から」

日時 2011年10月12日(水)18:30〜21:00
内容 住民の、住民による、住民のためのまちづくり。この理想に向けて、アメリカでは、1960年代からCDC(地域開発法人)と呼ばれるまちづくり活動を行うNPOが重要な役割を果たしてきました。北米最大の日系人タウンであるロサンゼルスの小東京も、例外ではありません。小東京サービスセンター(LTSC)により、民族性と文化があふれるまちづくりが進められています。日本をルーツにした人々の民族性と文化をどのように継承しつつ、アメリカ有数の大都市ロサンゼルスのダウンタウンの発展に寄与しているのでしょうか。こうした疑問に対して1979年にLTSCが設立されて以来、事務局長を務めているビル・ワタナベ氏を招き、以下のようにシンポジウムを開催して、お話しを伺うことにしました。お忙しいとは思いますが、ぜひ、ご参加ください。
講師 Bill Watanabe(小東京サービスセンター・地域開発法人 事務局長)
司会 柏木宏(大阪市立大学大学院教授)
開催場所 大阪市立大学文化交流センター・ホール
(大阪駅前第2ビル6階:JR北新地駅真上)
参加 無料
予約 不要
お問合せ kashiwagi@gscc.osaka-cu.ac.jp

▲このページのトップへ

 

共生社会研究分野