大阪市立大学大学院創造都市研究科都市政策専攻都市共生社会研究分野

co-existing.com
共生社会研究分野
修士課程 博士課程 フォーラム・シンポジウム お問合せ
予定表 教員紹介 リンク メンバー専用
 トップページ > フォーラム・シンポジウム > 詳細

大阪市立大学大学院創造都市研究科・シンポジウム

「9.11から10年後のアラブ系社会:多様性のある社会を目指すアメリカ」

日時 2011年8月30日(火)午後6時半から8時半
内容 多種多様な背景を持った移民によって構成された国、アメリカ。多様性(ダイバーシティー)はアメリカという国の活力の一つでもあります。2001年同時多発テロ事件後のアラブ系アメリカ人への差別や偏見により、この多様性が危機にさらされるような状況が生まれたと伝えられています。では、そのアラブ系アメリカ人はテロ事件から10年度のいま、どのような状況にあるのでしょうか。アラブ系アメリカ人の歴史と歩み、政府や民間の多様性を尊重する政策や活動などを踏まえたうえで、この問いに対して考える機会を以下のようにも設けました。ゲストには、全米初のアラブ系アメリカ人の歴史と文化の継承を目的としたアラブ系アメリカ人全米博物館の創設に関わり、現在、館長を務めるアナン・アメリ博士をお招きします。お忙しいとは思いますが、ぜひご参加ください。
講師 講師 アナン・アメリ博士(アラブ系アメリカ人全米博物館館長)
司会 柏木宏(大阪市立大学大学院教授)
開催場所 大阪市立大学文化交流センター・ホール
(大阪駅前第2ビル6階:JR北新地駅真上)
参加 無料
予約・お問合せ 関西アメリカン・センター(中西えり)
Nakanishi, Eri: NakanishiEX@state.gov
共催 大阪市立大学大学院創造都市研究科都市共生社会研究分野
関西アメリカン・センター
講師の略歴 アラブ系アメリカ人の歴史と文化の継承を目的に設立された全米博物館(AANM)の創設者・館長。アメリカのアラブ系社会のリーダーとして全米各地のイスラム地域社会と建設的な関係を築いている。ヨルダンの首都アンマンで育ち、ヨルダン大学で社会学を専攻。エジプトのカイロ大学で社会学修士号、デトロイトのウェイン州立大学から社会学博士号を取得。レバノンの首都ベイルートにあるパレスチナ研究センターで研究員を務めた後、1974年にアメリカに移住。イスラエルのエルサレム研究所所長代理、ハーバード大学中東研究センター客員教授、米国パレスチナ救援協会会長を歴任した。著諸にTelling Our Story: The Arab American National Museum (2007, AANM), Monotheistic Religions, Islam and Muslim American, Arab Americans: An Integral Part of American Society, The Arab World (いずれも2010, AANM) など。

▲このページのトップへ

 

共生社会研究分野