大阪市立大学大学院創造都市研究科都市政策専攻都市共生社会研究分野

co-existing.com
共生社会研究分野
修士課程 博士課程 フォーラム・シンポジウム お問合せ
予定表 教員紹介 リンク メンバー専用
 トップページ > フォーラム・シンポジウム > 詳細

大阪市立大学大学院創造都市研究科・シンポジウム

「新しい公共支援事業」のあり方を考える
関西におけるNPOの具体的活動展開に向けて!

日時 2010年12月25日(土)午後1時30分〜4時30分
内容  民主党政権の誕生により「新しい公共」が国の政策のなかに積極的に取り入れられようとしています。先に成立した補正予算では、「新しい公共支援事業」に86億円の支出が決まりました。この事業は、活動基盤整備、寄付募集などへの支援、NPOのつなぎ融資への利子補助、債務保証における保証料負担、協働モデル事業支援などに財政的支援を行うものです。国から資金が都道府県などに交付され、それがNPOに提供される仕組みです。総額86億円の半分を全都道府県で按分し、残りをNPO法人や公益法人数の合計数で全国比率按分するというものです。極めて多額の資金が投入されるたけに、当事者であるNPOはこの施策に対して積極的に発言し、支援事業を文字通り「新しい公共」の形成に向けたものにしていく必要があるのではないでしょうか。
このような考えから、関西から政府の「新しい公共支援事業」運営会議に参画している委員の方々をお招きして「新しい公共支援事業」の最新情報をご報告いただいたうえで、関西のNPOが「新しい公共支援事業」の優先順位や資金の提供のあり方について意見を交換し、NPOが具体的な活動を展開していく方向性を検討したいと思います。年末押し詰まったお忙しい時期とは思いますが、ぜひご参加ください。
講師 早瀬 昇(大阪ボランティア協会 常務理事)
法橋 聡(近畿労働金庫 地域共生推進室 室長)
司会 柏木 宏(大阪市立大学大学院 教授)
開催場所 大阪市立大学大学院梅田サテライト101教室(大阪駅前第2ビル6階:JR北新地駅真上)
参加 無料
予約 不要(どなたでもご参加いただけます)
お問合せ E-mail: info@co-exisitng.com
Tel: 080-6107-9099

▲このページのトップへ

 

共生社会研究分野