大阪市立大学大学院創造都市研究科都市政策専攻都市共生社会研究分野

co-existing.com
共生社会研究分野
修士課程 博士課程 フォーラム・シンポジウム お問合せ
予定表 教員紹介 リンク メンバー専用
 トップページ > フォーラム・シンポジウム > 詳細

大阪市立大学大学院創造都市研究科都市共生社会研究分野 フォーラム・ディスカッション

アメリカ次期大統領 オバマのNPO、ボランティア政策
〜日本への導入の可能性を探る〜

日時 2009年1月14日(水)午後6時30分-8時45分
内容 2009年1月20日、アメリカでは、史上初の黒人大統領が誕生します。大統領に就任するバラク・オバマ氏は、妻のミッシェルさんとともに、NPOのの設立や運営に関わった経歴をもっています。選挙中に訴えた「アメリカ社会の変革」に向けた政策のなかにも、NPOやボランティア活動の支援策などが数多く含まれています。このオバマ氏の政策を紹介、検討するとともに、日本で同様の政策の導入が可能なのかどうか、考えるシンポジウムを以下の要領で開催することにしました。ぜひ、ご参加ください。
なお、このプログラムは、大阪市立大学大学院創造都市研究科都市共生社会研究分野の入試広報の一環として行うため、シンポジウム終了後、簡単な入試説明会を行います。
パネリスト 早瀬昇(大阪ボランティア協会事務局長)
柏木宏(大阪市立大学大学院教授)
開催場所 大阪市立大学文化交流センター・ホール
JR北新地駅真上・大阪駅前第2ビル6階
http://www.osaka-cu.ac.jp/info/commons/access.html
参加 無料
予約 不要(どなたでもご参加いただけます)
お問合せ 大阪市立大学大学院都市共生社会研究分野
URL: http://www.co-existing.com, E-mail: info@co-exisitng.com
Phone: 080-6107-9099 (柏木)
参考資料 NPO・ボランティアに関するオバマ氏の主な政策
*若者向けのボランティア・プログラム、アメリコアの拡大
*高齢者向けのボランティア・プログラム、シニアコアの拡大
*中学校と高校の生徒へのサービスラーニング年間100時間の必修化
*大学生のボランティア活動に対する税制優遇(年間100時間で4000ドル)の導入
*NPOによる実績のある事業のビジネスモデル化への支援機関、社会起業局の設立
*宗教団体による福祉活動への連邦政府の財政的な支援強化
*低所得者の若者によるエコ関連のジ御意うに関わるグリーンジョブコアの創設

▲このページのトップへ

 

共生社会研究分野