大阪市立大学大学院創造都市研究科都市政策専攻都市共生社会研究分野

co-existing.com
共生社会研究分野
修士課程 博士課程 フォーラム・シンポジウム お問合せ
予定表 教員紹介 リンク メンバー専用
 トップページ > フォーラム・シンポジウム > 詳細

大阪市立大学大学院創造都市研究科都市共生社会研究分野主催フォーラム

移民1000万人受入れ構想:〜日本型共生社会の可能性を探る〜

日時 2008年12月10日(水)午後6時30分から8時45分
内容  少子高齢化の急速な進展により、人口が減少し、経済も縮小、地域社会は衰退、やがて崩壊する……。
 こうした暗い将来像が語られることが多い中で、海外から外国人を50年間で1000万人受入れ、日本の未来を切り開くべきだという主張が自民党のなかからも主張され始めています。これが実現すれば、「単一民族社会」から多文化多民族の社会へと、日本は大きく変化することになります。はたして、それは可能なのでしょうか。また、どのようにして実現されるというビジョンが描かれているのでしょうか。
 共生社会の実現をテーマに教育研究を続ける私たち大阪市立大学大学院都市共生社会研究分野は、市民の皆さんとともにこの課題を考えていくため、「移民1000万人受入れ構想」の提唱者、坂中英徳さんをお招きして、以下の要領でシンポジウムを開催することにしました。ぜひ、ご参加ください。なお、このプログラムは、当研究分野の入試広報の一環として行うため、シンポジウム終了後、簡単な入試説明会を行います。
基調報告 坂中英徳
外国人政策研究所所長(元・東京入国管理局長)
司会 柏木宏
大阪市立大学大学院教授
開催場所 大阪市立大学文化交流センター・ホール
JR北新地駅真上・大阪駅前第2ビル6階
http://www.osaka-cu.ac.jp/information/access.html
参加 無料
予約 不要(どなたでもご参加いただけます)
お問合せ 大阪市立大学大学院創造都市研究科都市共生社会研究分野
E-mail: info@co-existing.com, Tel: 080-6107-9099(柏木)

▲このページのトップへ

 

共生社会研究分野