大阪市立大学大学院創造都市研究科都市政策専攻都市共生社会研究分野

co-existing.com
共生社会研究分野
修士課程 博士課程 フォーラム・シンポジウム お問合せ
予定表 教員紹介 リンク メンバー専用
 トップページ > フォーラム・シンポジウム > 詳細

シンポジウム
指定管理者制度とNPO
〜事例を通じて指定獲得へのマネジメントを考える〜

日時

2007年3月27日(火)午後6時半〜8時半

内容

 公の施設を民間団体が管理運営する道を開いた、指定管理者制度が導入されて3年余りがたちました。しかし、最近発表された総務省の調査によれば、全国で6万余りの施設で導入されているものの、NPOが指定を受けているところは1043施設と、全体の1.7%にすぎません。NPOがこの制度を活用し、公の施設をより住民本位のものにしていくには、指定獲得に向けたマネジメントが必要なのではないでしょうか。
 このような考えにたち、公募での選定を通じて指定を獲得し、管理運営を実施されている、NPO法人福岡パフォーミングアーツプロジェクトの高崎大志事務局長をお招きして、以下のような要領でシンポジウムを開催することになりました。また、NPOなどから指定管理者制度についての相談を受けておられる大阪ボランティア協会の水谷綾さんに、コメンテーターとしてお越しいただきます。お忙しいとは思いますが、ぜひ、ご参加ください。

報告 高崎大志さん(福岡パフォーミングアーツプロジェクト事務局長)
コメンテーター 水谷綾さん(大阪ボランティア協会事務局主幹)
司会 柏木宏(大阪市立大学大学院創造都市研究科教授)
開催場所

大阪市立大学文化交流センター
大阪駅前第2ビル6階(JR北新地駅真上)
地図:http://www.gscc.osaka-cu.ac.jp/access/

参加 無料
予約 不要
お問合せ 大阪市立大学大学院創造都市研究科 都市共生社会研究分野(柏木宏)
E-mail: info@co-existing.com
新刊書のご紹介 シンポジウムの司会を担当する柏木宏教授が執筆した「指定管理者制度とNPO:事例研究と指定獲得へのマネジメント」が2007年2月に明石書店から発行(定価:2800円)されました。シンポジウムで報告される福岡パフォーミングアーツプロジェクトの事例も盛り込まれています。この他、6つの事例と制度の概要、応募のフィージビリティの検討から準備、指定獲得後の対応までのマネジメントについて検討されています。
目次などは、こちらでご覧いただけます。

▲このページのトップへ

 

共生社会研究分野