大阪市立大学大学院創造都市研究科都市政策専攻都市共生社会研究分野

co-existing.com
共生社会研究分野
修士課程 博士課程 フォーラム・シンポジウム お問合せ
予定表 教員紹介 リンク メンバー専用
 トップページ > フォーラム・シンポジウム > 詳細

檻を喰い破るミッキーマウス
〜新たな労働者運動を展望するために〜

開催日

2006年11月29日(水) 18:30〜21:30

内容

 日本の労働者運動の「再生」は可能か?資本と国家によって主導されたネオリベラリズムとグローバリズムのとめどない進行の中で、働く人びとの労働と生活の状況は日ごとにその過酷さを増している。それにもかかわらず、「既成の」労働(組合)運動はそうした状況に対抗する力をすでに失ってしまったかに見える。急激に増加しつつある「非正規」労働者の苦難と苦痛だけではない。大多数の「正規」労働者もまたかつてのその「安定」と「安楽」の基盤を日々侵食されている。「すばらしい日本階級社会」(平井玄)の到来、というわけである。

  しかし本当に、日本の労働者からは「抵抗」(と「反攻」)の力と可能性が完全に奪われてしまったのか。平井玄は言う、「支配は存在する。搾取は存在する。もちろん階級は存在する」、そして「暗がりで動くネズミたちの眼にも、いずれその姿がはっきりと見えてくることだろう」と。

 問題提起者として『ミッキーマウスのプロレタリア宣言』(2005年、太田出版)の著者である平井玄氏を、さらにコメンテータとして『自由論』(青土社、2001)や『暴力の哲学』(河出書房新社、2004)の著者である酒井隆史氏を招いて、「ネズミとしての」労働者の「新たな」運動の可能性について考えてみたい。

シンポジウムのチラシはこちら(PDFファイル:900KB)

講師

問題提起:平井 玄(音楽文化研究)
コメンテータ:酒井 隆史(社会思想、大阪府立大学教員)

進行役 島 和博(大阪市立大学教員)
開催場所 大阪市立大学文化交流センター大ホール(大阪駅前第2ビル6階)
大阪市北区梅田 1-2-2-600 大阪駅前第2ビル6階 (JR北新地駅真上)
参加 無料、予約は不要、どなたでも参加していただけます。
お問合せ 大阪市立大学大学院創造都市研究科都市共生社会研究分野
Tel: 06-4799-3723 Email: info@co-existing.com

▲このページのトップへ

 

共生社会研究分野