大阪市立大学大学院創造都市研究科都市政策専攻都市共生社会研究分野

co-existing.com
共生社会研究分野
修士課程 博士課程 フォーラム・シンポジウム お問合せ
予定表 教員紹介 リンク メンバー専用
 トップページ > フォーラム・シンポジウム > 詳細

シンポジウム

イギリスの教育政策と効果のある学校
〜学力の階層間格差を克服するために〜

開催日 大阪会場  10月22日(土曜日)午後2時より  
神戸会場  10月24日(月曜日)午後2時30分より
東京会場  10月26日(水曜日)午後6時より
内容  階層などの家庭背景、民族など文化的背景などによって学力格差が生じる現実に対して学校はけして無力ではない。貧しい家庭に生まれたことや、社会のマイノリティとして生まれたことによって学力形成の不利が生じる「オッズ」を、いかなる実践や政策によって克服しうるのか。イギリス教育省がより平等かつ活力ある教育政策の根幹に位置づける「学校効果研究」の第一人者であるパム・サモンズ ノッティンガム大学教授をお迎えし、日本における私たちの研究と比較検証しつつ議論を深めたい。
  10月22日の大阪、24日の神戸、26日の東京の三会場とも事前申し込みは不要です。多くの方々の参加をお待ちしています。詳しくは下記をご参照ください。
キーノートスピーカー パム・サモンズ Pam Sammons, Ph.D, ノッティンガム大学教授
学校効果に関する実証的研究に長年携わり、現在イギリス教育省の、困難に直面する子どもたちに対して効果のある教育実践を構築する制度・政策立案に関わっている。
【著書】
Matthews, P. & Sammons, P. , 2004, Improvement through inspection:An evaluation of the impact of Ofsted's work, London:Ofsted/Institute of Education.
Sammons,Pam, Sally Thomas & Peter Mortimore, 1997, Forging Links: Effective Schools and Effective Departments, Paul Chapman Publishing Ltdなど、多数。
開催場所
詳細
大阪会場  10月22日(土曜日)午後2時より
場所:大阪市立大学文化交流センター(大セミナー室)
大阪市北区梅田1丁目、JR大阪駅より徒歩10分、大阪駅前第2ビル6階
アクセスマップ:http://www.gscc.osaka-cu.ac.jp/access/index.html
コメンテーター:志水宏吉(大阪大学)
司会:鍋島祥郎(大阪市立大学)
  
神戸会場  10月24日(月曜日)午後2時30分より
場所:神戸親和女子大学(4号館1階 412号教室)
神戸市北区鈴蘭台北町7丁目 神戸電鉄鈴蘭台駅より徒歩10分
アクセスマップ:http://www.kobe-shinwa.ac.jp/access/access.html
コメンテーター:鍋島祥郎(大阪市立大学)
司会:新保真紀子(神戸親和女子大学) 

東京会場  10月26日(水曜日)午後6時より
場所:国立教育政策研究所目黒庁舎(南館大会議室)
東京都目黒区下目黒6-5-22 目黒区内の各駅よりバス10分
アクセスマップ:http://www.nier.go.jp/homepage/kyoutsuu/frame10.html
コメンテーター:有本昌弘(国立教育政策研究所)
司会:鍋島祥郎(大阪市立大学)

主催 学校効果研究会/(神戸会場)神戸親和女子大学人権教育研究所
後援 日本カリキュラム学会国際交流委員会
大阪府人権教育研究協議会
大阪市立大学創造都市研究科共生社会研究分野
大阪市立大学共生社会研究会
お問合せ Tel: 06-4799-3726, Fax: 06-4799-3750 Email: info@co-existing.com

▲このページのトップへ

 

共生社会研究分野