大阪市立大学大学院創造都市研究科都市政策専攻都市共生社会研究分野

co-existing.com
共生社会研究分野
修士課程 博士課程 フォーラム・シンポジウム お問合せ
予定表 教員紹介 リンク メンバー専用
 トップページ > フォーラム・シンポジウム > 詳細

都市共生社会研究分野 秋の研究会

「戦時下」におけるアメリカの日系人

開催日

2004年11月12日(金)午後6時半から8時半

概要 第二次世界大戦中に強制収容された日系人の長年の運動の結果、米国政府はひとり2万ドルの補償を行った。しかし、戦争中、ペルーなどの南米諸国から強制連行されてきた人々への補償は未解決の部分が残っている。こうしたなかで、9.11以降にアラブ系へのバッシングが広がる中で、日系人の間にアラブ系への支援を進める動きが広がっている。この研究会では、第二次大戦中の日系人収容と日系ペルー人の強制連行問題を9.11以降のアラブ系へのバッシングを関連させながら、「戦時下」におけるマイノリティと人権問題を考えていく。
講師

リナ・ホシノ(映像作家)
グレース・シミズ(日系ペルー人後述歴史プロジェクト・代表)

参加 無料
開催場所 大阪市立大学文化交流センター(駅前第2ビル6階)

▲このページのトップへ

 

共生社会研究分野