大阪市立大学大学院創造都市研究科都市政策専攻都市共生社会研究分野

co-existing.com
共生社会研究分野
修士課程 博士課程 フォーラム・シンポジウム お問合せ
予定表 教員紹介 リンク メンバー専用
 トップページ > フォーラム・シンポジウム > レポート

NPO/NGO活動における「自己責任」と政府の責任

〜市民活動の自発的行動原則の原点を探る〜
開催日 2004年6月9日(水)
趣 旨

イラクで武装勢力により拘束された日本人に対して、政府の勧告にしたがわず危険地帯に入った人々が悪いとする「自己責任」論が台頭し、解放された人々のうち3人の家族は、ドバイと羽田の飛行機代など260万円を請求されました。
このことは、危険地帯で国際協力活動を行うNPO/NGO、個人が今回のような大きなトラブルにあった人々に対する政府の責任のあり方について、さまざまな問題を提起しています。
そこで、NPOのリスク・マネジメントや海外の危険な地域で現地の人々への支援活動を行ってきた経験をもつ人々を招き、以下のようにNPO/NGO活動における「自己責任」と政府の責任について考えるためのシンポジウムを企画しました。

プログラム

・基調報告 :
柏木 宏 (大阪市立大学大学院創造都市研究科・教授)

・パネルディスカッション :
古川 順弘 (特定非営利活動法人レインボー・副理事長)
榛木 恵子 (関西NGO協議会・事務局長)
清家 弘久 (日本国際飢餓対策機構・国際協力隊総主事)

開催場所 大阪市立大学梅田サテライト

▲このページのトップへ

 

共生社会研究分野