大阪市立大学大学院創造都市研究科都市政策専攻都市共生社会研究分野

co-existing.com
共生社会研究分野
修士課程 博士課程 フォーラム・シンポジウム お問合せ
予定表 教員紹介 リンク メンバー専用
 トップページ > フォーラム・シンポジウム > レポート

アカハラの実態と防止対策

開催日 2004年5月15日(土)
趣 旨

大学・大学院をはじめとする高等教育・研究機関のなかで、アカデミック・ハラスメントの問題に積極的に取り組み、それに関する規定を設けている組織は、残念ながら数えるほどしかありません。しかし最近、アカデミック・ハラスメントと思われる事件が次第に明るみに出るようになり、高等教育・研究機関がこの問題を放置しておくことは、社会的に許されない状況になりつつあります。その対策としては、アカデミック・ハラスメントが発生した際の対応を誤らないことはもちろん、発生を予防する対策を早急に立てることが大切です。この講演会では琉球大学でアカデミックハラスメントに対する取り組みをされてきた屋富祖建樹さんに、アカハラの実態とその防止対策についてお話しいただきます。

共催 アカデミック・ハラスメント防止ネットワーク
プログラム

・講演 :
屋富祖建樹 (やふそ・たてき、琉球大学工学部機械システム工学科教授)
琉球大学におけるアカデミック・ハラスメント問題に取り組んで

開催場所 大阪市立大学梅田サテライト

▲このページのトップへ

 

共生社会研究分野