大阪市立大学 共生社会研究会

共生社会研究会
よみもの メーリングリスト 都市共生社会研究分野ホームページ
ジャーナル 共生社会ブログ ネットワーク お問合せ
 トップページ > ジャーナル > 編集規程  

共生社会研究編集規程

編集方針

  1. 本誌は、毎年1巻を発行する。
  2. 本誌は、共生社会研究の発展を目的として発行する。論考(originalarticles)、研究報告(Research and Practice)、実践報告(Brief Report)、書評、文献紹介、その他特集によって構成される。
  3. 執筆者は原則として下記の投稿規定にしたがって執筆するものとする。
  4. 投稿原稿は編集委員会において査読され、掲載についての採否は本人に通知される。投稿原稿のほか、編集委員会の決定に基づいた依頼原稿を掲載することがある。

 

投稿規程 

  1. 投稿原稿の使用言語は、日本語あるいは英語とし、横書きで記述する。ワープロを使用し、プリントアウトした原稿のほかフロッピーディスク、CDなどの電子記録媒体を添付する。
  2. 論考は16,000字、研究報告は12,000字、実践報告は6,000字程度とする。
  3. これら投稿論文には、原稿とは別に表紙をつけ、表題と副題、および英文タイトル、キーワード(3個)、著者名と所属、および150字以内で筆者のプロフィールを記載する。また、このほか要約(800字程度)を表紙とは別に記載する。
  4. 文献情報、書評は、4,000字以内とする。原稿のほか、3.と同様の表紙をつける。
  5. 注は別注とし、文末にまとめる。ただし、参考文献の前におく。
  6. 参考文献は邦文、欧文を含めて、著者名のアルファベット順とし、末尾に一括して記載する。その範囲は本文に引用したもの、あるいは人物名、その用語について本文中で記載したものに限る。著者名、発行年、題名、研究誌名、巻、号、頁数の順に記載する。研究誌名は省略しない。単行本の場合は、著者名、発行年、書名、出版社名を記載する。出版社名は省略しない。
  7. 筆者による校正は、原則として1回行う。
  8. 編集委員会は、掲載する原稿について、特にプライバシーの保護を考慮し、不適切な表現については執筆者に訂正を求めることがある。
  9. 投稿原稿は返却しない。
  10. 投稿先
    郵便番号558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138
    大阪市立大学大学院創造都市研究科都市共生社会研究分野
    『共生社会研究』編集委員会

編集方針

  1. 本誌は、毎年1巻を発行する。
  2. 本誌は、共生社会研究の発展を目的として発行する。論考、研究報告、実践報告、書評、文献紹介、その他特集によって構成される。
  3. 執筆者は原則として下記の投稿規定にしたがって執筆するものとする。
  4. 投稿原稿は編集委員会において査読され、掲載についての採否は本人に通知される。投稿原稿のほか、編集委員会の決定に基づいた依頼原稿を掲載することがある。

投稿規程

  1. 投稿原稿の使用言語は、日本語あるいは英語とし、横書きで記述する。ワープロを使用し、プリントアウトした原稿のほかフロッピーディスク、CDなどの電子記録媒体を添付する。
  2. 論考は16,000字、研究報告は12,000字、実践報告は6,000字程度とする。
  3. これら投稿論文には、原稿とは別に表紙をつけ、表題と副題、および英文タイトル、キーワード(3個)、著者名と所属、および150字以内で筆者のプロフィールを記載する。また、このほか要約(800字程度)を表紙とは別に記載する。
  4. 文献情報、書評は、4,000字以内とする。原稿のほか、Bと同様の表紙をつける。
  5. 注は別注とし、文末にまとめる。ただし、参考文献の前におく。
  6. 参考文献の表現方法については、以下参照。
  7. 筆者による校正は、原則として1回行う。
  8. 編集委員会は、掲載する原稿について、特にプライバシーの保護を考慮し、不適切な表現については執筆者に訂正を求めることがある。
  9. 投稿原稿は返却しない。
  10. 投稿先
    郵便番号558-8585大阪市住吉区杉本3-3-138
    大阪市立大学大学院創造都市研究科都市共生社会研究分野
    『共生社会研究』編集委員会

 

*****参考文献の表現方法について******

 参考文献は邦文、欧文を含めて、著者名のアルファベット順とし、末尾に一括して記載する。その範囲は本文に引用したもの、あるいは人物名、その用語について本文中で記載したものに限る。著者名、発行年、題名、研究誌名、巻、号、頁数の順に記載する。研究誌名は省略しない。単行本の場合は、著者名、発行年、書名、出版社名を記載する。出版社名は省略しない。詳細は以下の要領に従ってください。

  • 各文献は、本文中の引用順に、本文に付した番号を表示して記載する。
  • 著者名、訳者名とも3名以下の場合は全員、4名以上の場合は3人目まで書き、あとはet al.(または、ほか)とする。
  • 文献の書き方は、書名には二重かぎカッコ『  』をつける。雑誌名には二重かぎカッコ『  』をつける。論文のタイトルにはかぎカッコ「  」をつける。

 

<邦文の文献の場合>

  1. 単著の本
    著者名,出版年,『タイトル--サブタイトル』出版社名
    真木悠介,1977a,『現代社会の存立構造』筑摩書房
    ---- ,1977b,『気流の鳴る音』筑摩書房
    (同一著者で同じ年に複数ある場合は、a,b,cとつけ区別する)
  2. 編書
    編者名編,出版年,『タイトル』出版社名
    高坂健次・厚東洋輔編,1998,『講座社会学 1 理論と方法』東京大学出版会
  3. 編書論文など
    著者名,出版年,「論文のタイトル」編者名編『本のタイトル』出版社名,論文の初ページ-終ページ。
    舩橋晴俊,1998,「環境問題の未来と社会変動--社会の自己破壊性と自己組織性」舩橋晴俊・飯島伸子編『講座社会学 12 環境』東京大学出版会,191-224
  4. 雑誌論文
    著者名,出版年,「論文のタイトル」『雑誌名』巻(号): 論文の初ページ-終ページ
    鍋島祥郎,2001,「人権教育における学力保障と総合的学習」『現代教育科学』2001年8月号,51-71,明治図書
  5. 修士論文や学会報告原稿など
    修士論文や博士論文を文献として利用する場合は、たとえばつぎのような記載の仕方をする。
    著者名,論文提出年,「論文のタイトル」○○大学大学院○○学研究科○○年度修士論文
    学会の大会における報告を文献として利用する場合は、たとえばつぎのような記載の仕方をする。
    報告者名,大会開催年,「報告のタイトル」第○回日本社会学会大会報告原稿
  6. 電子メディア情報
    インターネット上のホームページの情報を文献として利用したときは、欧文の場合と邦文の場合それぞれについて、つぎのとおりとする。
    著者名, 公表年または最新の更新年, “当該情報のタイトル” (URL, アクセス年月日)
    Kim, Myung-Soo, 1999, "Research on Consciousness among Korean Youth in Japan, 1993" (http://www.han.org/a/researche.html, March 16, 1999).
    著者名,公表年または最新の更新年,「当該情報のタイトル」(URL, アクセス年月日).
    宮野勝,1997,「社会調査の参考資料ガイド(入門編)」(http://syajyo.tamacc.chuo-u.ac.jp/~miyaken/cyosa.html, 1998.12.10).

 

<欧文の文献の場合>

欧文の文献の記載にあたっては,すべて半角文字(欧文モード)で入力すること。

  1. 単著の本
    著者のファミリーネーム, ファーストネーム ミドルネーム, 出版年, タイトル: サブタイトル, 出版都市名: 出版社名
    Broadbent, Jeffrey, 1998, Environmental Politics in Japan: Networks of Power and Protest, New York: CambridgeUniversity Press
  2. 編書
    編者名 ed., 出版年, タイトル, 出版都市名: 出版社名
    Douglas, Jack ed., 1970, Understanding Everyday Life, Chicago: Aldine
  3. 編書論文
    著者名, 出版年, "論文のタイトル," 編者名 ed., 本のタイトル, 出版都市名: 出版社名, 論文の初ページ-終ページ
    Mayer, Margit and Poland Roth, 1995, "New Social Movements and the Transformation to Post-Fordist Society," Marcy Darnovsky, Barbara Epstein and Richard Flacks eds., Cultural Politics and Social Movements, Philadelphia: TempleUniversity Press, 299-319
  4. 雑誌論文
    著者名, 出版年, "論文のタイトル," 雑誌名, 巻(号): 論文の初ページ-終ページ
    Abbott, Andrew, 1995, "Things of Boundaries," Social Research, 62(4): 857-82
    雑誌名はイタリック体にするか、または下線を引くこと。巻号は、Vol. 62, No. 4であれば、上の例のように省略する。
  5. 翻訳書・翻訳論文
    翻訳本にのみ参照した場合は、邦文と同じあつかいでよい。原著を参照している場合は、原典の書誌情報を記載し、ついで全角の丸カッコ内に(=  )のかたちで和訳の書誌情報を記載する。
    原典の書誌情報(=翻訳の出版年,訳者名訳『訳書のタイトル』出版社名)
    Fromm, Erich, 1941, Escape from Freedom, New York: Reinehart and Winston(=1951,日高六郎訳『自由からの逃走』東京創元社)

以上

共生社会研究分野