大阪市立大学 共生社会研究会

共生社会研究会
よみもの メーリングリスト 都市共生社会研究分野ホームページ
ジャーナル 共生社会ブログ ネットワーク お問合せ
 トップページ > ジャーナル  

共生社会づくりとNPOに関する総合研究誌

共生社会研究
  編集 大阪市立大学大学院創造都市研究科・都市政策専攻・都市共生社会研究分野
発行 大阪市立大学共生社会研究会
 

共生社会研究 Vol.3 「特集:共生社会を展望して『働くこと』を考える」目次

■特集「共生社会を展望して『働くこと』を考える」

シンポジウム「生きさせろ!プレカリアーとの新たな運動は可能か」
プレカリアート--現代のプロレタリア階級◆櫻田和也
シンポジウム「『市場経済』が見失ってきたこと◆
介護労働と福祉NPOの運営における葛藤◆高橋爾

■論考

コミュニケーション障害による就労問題の多面的克服論◆佐野美保
コミュニティ再興の諸要件◆田中逸郎
重大な問題はらむ介護労働者の四角と人材確保指針の変更◆水野博達

■研究ノート

日本のシティズンシップ教育の現状と可能性◆武部浩和

■課題研究報告

エンパワメントの概念の再検討◆弘田洋二・後藤陽子・坂口一美・中野冬美・村井麻知子・杉田宏・矢野裕俊

■シンポジウム・フォーラム記録

■入会と投稿について

■共生社会研究会会則

■編集後記


共生社会研究 Vol.2 「特集:CSR共生社会への展望」目次

■シンポジウム

「今こそ部落問題を語る〜特別措置法の功罪について考える〜」
 野中 広務・大賀 正行(司会:野口 道彦)

■特集「CSRと共生社会への展望」

論文:NPOのコーズと企業の利潤の結合
  〜CRMの発展と課題、手法の検〜 相木 宏
鼎談:コンプライアンス、エシックス、そしてフィランソロピー
 越堂 静子・尾崎 力・柏木 宏
論文:企業人の視点から見たCSRとNPO
 菊地 健

■論考

日本における「人身取引対策」の課題
 〜フィリピンからの「エンターテイナー」の問題を中心に〜 藤本 伸樹
ヤマトウとウチナーを彷復する沖縄人
 〜大山朝常・元コザ市長〜 西浜 楢和
「介護の革命」の第二段階を目指す改革試案
 〜欠乏する介護労働力に悩み揺れる現場から〜 水野 博達

■研究ノート

野宿生活者と市民との「共生論」について 松繁 逸夫

■研究会報告

共生社会研究会 2005年度研究会報告

■入会と投稿について

共生社会研究会会則

■編集後記


共生社会研究 Vol.1 「特集:格差社会を越える」目次

■創刊によせて

尾崎 力

■特集「格差社会を越える」

彷律する野宿者 〜自死と抵抗の間 青木 秀男
反グローバリズムと対抗的主体の可能性 杉村 昌昭
不平等認識の構造について 島 和博

■論考

更生施設入所者のための社会復帰プログラムの可能性
  〜アセスメント結果を中心として〜 藤木 美奈子
介護保険 一尊厳を支える制度に向けた改革試案
 〈要介護認定〉システム見直しで〈介護サービス〉市場のコントロールを 水野 博達

■研究ノート

岸和田市自治基本条例と住民投票条例 福西 淳
男女別学・共学が高校生のジェンダー意識に及ぼす影響 川西 寿美子

■活動報告

どんな学校をイメージするのか
野宿者たちの〈あそびとまなびの〉学校をつくる一  佐々木 敏明
コミュニティ教育NPO「ビオトープ山の谷」・「土曜チャレンジデーの会」の試み 横山 正和

■入会と投稿について

■共生社会研究会会則

■編集後


『共生社会研究』創刊準備号目次

2005年10月31日発刊


試読ができます! 青色アンダーラインの記事はオンラインで読むことが可能です。
(PDF形式はAcrobat Readerが必要です)

ごあいさつ

特集・共生社会研究を創る

ボランティア革命時代の社会運動 -絶滅か再生か- 鍋島祥郎 (PDF610KB)
共生社会研究という挑戦とその課題 -専門性と研究へのスタンスから- 弘田洋二 (PDF574KB)

アメリカにおけるNPO評価 -第三者機関の評価方式の意義と課題- 柏木宏 (PDF579KB)
共生社会への展望と生涯学習の課題 矢野裕俊 (PDF682KB)
アンペイド・ケア労働から「個人」概念を問い直す 古久保さくら
創造都市における共生社会の戦略的課題 野口道彦 (PDF595KB)

企画・社会人大学院生が語る共生社会

共生社会とNPO
 尾崎力 水野博達 藤木美奈子 梁優子 田中逸郎 杢千秋 喜谷和子
次世代が描くNPO
 佐野美保 浮田徹 井上美葉子 櫻田和也 河内崇典 煖エ爾 若松周平

研究報告

アカデミック・ハラスメントの実態調査研究 -大学および大学教員に対するアンケート調査結果の概要- 御輿久美子
NPOによる所轄庁への報告義務 -関係者の意識と制度改善の必要性- 柏木宏

実践報告

ディアスポラ:境界の地点から共生を -新たな試み、コリアNGOセンターを立ち上げて- 金光敏
野宿生活者支援から見えるコラボレーションワークの模索 佐々木敏明

教育活動報告

NPOインターンシップの開発と実施 柏木宏

講演会・シンポジウム報告

講演会「アカハラの実態と防止対策」
『共生社会の創造とNPO』出版記念シンポジウム
シンポジウム「NPOの過料請求を考える」 
シンポジウム「NPOの自己責任」
DV(ドメスティック・バイオレンス)講演会
プレ・ホームカミングデー

共生社会研究分野へのエール

竹中ナミ (社会福祉法人プロップステーション理事長)
橋本卓 (元・箕面市長、創造都市研究科非常勤講師)


定期購読と投稿について

定期購読、投稿を希望されるかたは、大阪市立大学共生社会研究会にご入会ください。

大阪市立大学共生社会研究会への入会について

会員には、個人会員と団体会員があります。
個人会員は3,000円、団体会員は5,000円です。会費は毎年5月に徴収します。
会員には毎年発行の『共生社会研究』をお送りします。
会員は、『共生社会研究』に投稿することができます。
お申し込みは、下記まで郵便、メールまたはオンライン申込みからお願いいたします。
〒558-0001 大阪市北区梅田1丁目2-2-6002
大阪市立大学梅田サテライト(第2ビル6階)
大阪市立大学大学院創造都市研究科・都市共生社会研究分野気付
『共生社会研究』 編集委員会
メール info@co-existing.com
詳しくは、共生社会研究会のウエブサイトをご覧ください。
http://www.co-existing.com/academy/

『共生社会研究』への投稿について

本誌に投稿するためには、大阪市立大学共生社会研究会にご入会ください。
投稿できるのは、「論考」、「研究ノート」及び「活動報告」の三つの種類です。
論考(16,000字以内):共生社会の創造、NPO活動に関連したオリジナリティの高い論考で理論的な価値も高いもの
研究ノート(12,000字以内):論考に準ずるもの
活動報告(8,000字以内):ユニークな実践活動の報告

締め切りは、2006年8月31日(必着)です。
原稿送付先
530-0001:大阪市北区梅田1丁目2-2-6002
大阪市立大学梅田サテライト(第2ビル6階)
大阪市立大学大学院創造都市研究科・都市共生社会研究分野・『共生社会研究』 編集委員会

投稿規定は、共生社会研究会のウエブサイトをご覧ください。
印刷されたものは上記に送付してください。同時に原稿を、info@co-existing.com 宛に電子メールの添付ファイルで、お送りください。

投稿された「論考」原稿は査読委員(2名以上)によって査読されます。その結果は、執筆者に通知され、掲載の採否に関しては編集委員会において決定いたします。原稿は返却いたしませんので、あらかじめご了解ください。また他誌との重複投稿はご遠慮ください。

>> 共生社会研究会会則   >> 『共生社会研究』編集規定

 

共生社会研究分野